妊娠中にシミが出来やすくなる理由とは?

ディセンシア・サエルを使って、妊娠中の紫外線によるシミを
対策する方が増えています。

 

そこで、妊娠中にシミができやすくなる
理由について調べてみました。

 

妊娠の成立から1〜3ヶ月は
敏感肌のような状態になり、肌が荒れやすくなります。

 

それは妊娠によって、ホルモンバランスの乱れが
生じてしまうからなんです。

 

妊娠中は女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが
通常より多く分泌されるんですね。

 

すると、メラノサイトという色素細胞が刺激されてしまい、
メラニンが作られます。

 

女性ホルモンが増えることでメラニン色素も増加するため、
色素沈着も起こりやすくなってシミができてしまうんですね。

 

メラノサイトの活性は、体の様々な部分で起こる
可能性を持っています。

 

ですから乳房や脇の下、デリケートゾーンなどが
黒ずむ場合もあるんです。

 

しかし、これらの色素沈着は
妊娠によるホルモンの乱れが原因となっています。

 

出産することでホルモン分泌が正常になれば、
色素沈着も落ち着いてくるので、黒ずみも自然と消えていきます。

 

ケアしたい場合、妊娠中は薬を飲めないので、
スキンケアが重要になります。

 

女性ホルモンの乱れに伴って
男性ホルモンのバランスも乱れ、
皮脂分泌が制限されるんですね。

 

すると、肌全体が乾燥してバリア機能も低下するので、
外的刺激に弱くなります。

 

なので、UVケアと保湿を充実させた肌ケアが大切です。

 

妊娠中は、強い美白ケアは控えたほうがよいですが、
少なくとも、シミやくすみができないような対策はしておかないと、
後で大変なことになるので、注意してくださいね。

 

サエルが妊娠中でも安心して使える理由は?