妊娠で注意する化粧品は?胎児に危険な成分は使わない!

妊娠すると、お肌の調子が変わってくるので注意が必要です。

 

妊娠すると体温が上がるため、汗をかきやすく、女性ホルモンの
エストロゲン、プロゲステロンが増加します。
妊婦さん 化粧品
すると、お肌に皮脂が多くなり、シミができやすくなったり、
体のあちこちに痒みや黒ずみができます。

 

基本的には、最低限のスキンケアで大丈夫ですが、
紫外線対策、シミ対策はしておきたいところです。

 

ですが、妊娠中に使うと赤ちゃんへの影響が出る化粧品も成分も
あるので、使用は控えるようにしておきたいです。

 

オーガニック化粧品だと、自然由来の成分だから大丈夫!というのも正しくなく、
必ずしも問題ないとはいえないので注意が必要です。

 

    <妊娠中に注意したい化粧品の成分>

     

  • ハイドロキノン

    美白化粧品に入っているメラニンを抑制する有効成分です。
    ハイドロキノンは、強い肌への漂白作用があるため、妊娠時に使うと、
    炎症・赤み・白斑などが起きる可能性があります。

  •  

  • パラベン(防腐剤)

    化粧品などの防腐剤として使われています。
    パラベンは、女性ホルモンへの影響があると言われており、妊娠時には、使用を控えたほうがいいです。

  •  

  • トレチノイン

    シミ、シワに効果があるビタミンA誘導体です。
    トレチノインを塗ることは影響は少ないと言われていますが、
    内服で飲む場合は、ビタミンA過剰症になるので、控えたほうがいいです。

     

    ビタミンA過剰になると、胎児の先天性異常になるリスクが高まります。

  •  

  • ペニーロイヤル、ローズマリー、ゼラニウムなど強い精油・香料

    アロマオイルなど強い香りがするものは、女性ホルモンへの影響で、
    流産を引き起こすリスクがあると言われています。

     

    多少の香りは問題ないと思いますが、あまり強い香りがする化粧品には注意が必要です。

     

  • サルチル酸

    サリチル酸は、ニキビ化粧品に使われており、ピーリング効果があります。

     

    サリチル酸が低濃度(2%以下)は問題無いと思われますが、
    高濃度だと、胎児の先天性奇形のリスクが高まると言われています。

 

妊娠中はマイナートラブルが何かと起きて、肌荒れ、シミなどが出来て、
焦って塩舞う方が多いようです。

 

でも、妊娠中に注意する化粧品としては、あまり効果が高いという成分が
入っている化粧品は、できるだけ使わないようにするほうがいいです。

 

化粧品に含まれる化学薬品の妊婦さんの影響は分かっていない点が多いからです。
実際に、妊婦さんで影響があるかテストできないので、分からない事が多いのです。

 

そのため、実際に妊婦さんが使ってきたものや、妊娠でも使えると
明記された化粧品を使うようにしてくださいね。

 

妊娠中にシミが出来やすくなる理由は?>>こちらに続く